用語辞典

用語辞典

約物
各種の記号活字の総称。句読点・カッコなど。

やれ(spoilage)
印刷・製本用語で損紙のこと。印刷の刷りはじめの調整に必要な損紙、刷り紙の運搬中の損紙など。

輸出広告(export advertising)
商品の輸出先に対する広告。エキスポート・マーケティングの一環として行われる。

輸出品デザイン法
輸出品のデザインの登録及び認定と、輸出品に付される商標の認定とを行うことにより、
これらの模倣を防止し、輸出貿易の健全な発達に寄与することを目的とするデザイン盗用防止等に関する法律。

ユニバーサル・スペース(universal space)
無限定空間・普遍空間のこと。特に目的を定めないで各種の用途に使えるように設計された空間。
または大きな空間を、その時々の目的に応じて自由に移動できる間仕切りやカーテン・家具などで
適当な大きさに仕切り、多様な対応が可能であるように設計された空間。この空間設計の手法は
ミース・バン・デル・ローエのファンスワーズ邸などの作品ひよって代表される。

ユール(Finn Juhl)
デンマークにおける近代デザインの創始者で建築家。室内デザインや陶器のデザインまで手がけ、
特に機能的であると同時に有機的なイスのデザインは有名。

様式(style)
初めは筆跡・書き方の意であったが、転じて文体を指し、18世紀中葉にヴィンケルマンがギリシャ美術における
様式の四期を画して以来、芸術上の術語となり、芸術以外の文化的領域にも拡大して用いられるようになった。

※デザイン小辞典より一部引用
ページトップへ